賃貸とは

A chinese dragon

賃貸というのは、不動産物件を誰かに貸したり、誰かから借りたりすることを言います。賃貸借契約を結んで、正式に法律関係を確定させることが多いものです。最近の日本では持ち家信仰というものがなくなってきていますから、都市部を中心にして多くなっているタイプのものです。借りる不動産物件には、一戸建てからマンションまでいろいろとあります。中には船舶の貸し借りを行っている人たちもいます。
不動産の所有権を取得すると、いろいろと面倒な手続きをしなくてはなりません。とくに固定資産税や不動産取得税などがかかってきてしまうために、敬遠する人が多いのです。昔は年をとったときに部屋を貸してもらえなくなったりもしましたが、いまは高齢者向けのマンションなどが多く建設されていますから、そういった不安もないのです。一生賃貸生活をしていくことに抵抗のない人が増えてきています。
持ち家は住宅ローンを組んだりしないといけないために、低所得者層にはなかなか手が出るものではないのです。しかも都市部ではマンションタイプの物件の方が安全性や利便性が格段に高いケースが多いですから、今の時代には部屋を借りることこそが一般的な住み方になっているのです。

 

RECOMMENDED

素敵な港区の賃貸

安心のリフォームについて

賃貸の家賃はいくら?

A chinese dragon賃貸に住むか、マイホームを建てて住むかということは、人生の大きなテーマであると思います。
しかし、特に若い方たちは、お金が貯まるまでは賃貸に住み、ある程度の自己資金が貯まったらマイホームを購入しようという方が多いのではないでしょうか。となると、どの様な賃貸物件に住むかということを考えなければなりません。その時重要になるのが、やはり、家賃ではないでしょうか。家賃が高くて貯金ができず、自己資金が貯まらないのでは、元も子もありません。
家賃は1ルーム程度で、築年数がだいぶ経っているものなら、1万円台の物件も存在します。しかし、都心になると、安くても4万円以上してしまうところが多いと思います。
では、自分たちに適正な家賃はいくらなのかを知るにはどうすれば良いのでしょうか。それは、月々の食費・生活費を明確にすることです。
これが明確になれば、収入から食費+生活費+家賃を引いた残りから貯蓄を生み出せるかを判断することが可能です。
当然、結婚しており、共働きであるならば、収入も増えます。この場合は、できるだけ片方の収入のみで食費・生活費・家賃を全て出して、もう一方の収入は全て貯蓄に回せるというのが理想です。このように、収入・支出・貯金額から、適正な家賃を検討してみてはどうでしょうか。